【絶叫恐怖症超必見!!】ジェットコースターの落ちる瞬間に浮遊感をなくす方法〜保存版〜

こんにちは!かすてです。

浮遊感」‥皆さんもテーマパークに行ったことがある方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

「浮遊感」は人によってかなり捉え方が違って、ジェットコースターの「浮遊感」を味わうことでアドレナリンを出し興奮・楽しめるポジティブなイメージを人と、

ジェットコースターの「浮遊感」で一度気を失う程の苦しさを感じるネガティブなイメージを持つ人、の両極端のイメージを持つ言葉。

今回は後者の浮遊感でテーマパークを8割楽しめていない人に、浮遊感を感じなくさせるとっておきの方法をお伝えします。

浮遊感について、強い弱いの特徴や具体例、感じなくなる方法について詳しくみていきましょう。

※約30年ジェットコースターの浮遊感に悩み苦しまされた筆者(かすて)の独断と偏見による解釈となります。ご了承ください。

 

浮遊感とは?

そもそも浮遊感とは何か?皆さんテーマパークに訪れたら、一度はジェットコースターに乗ったことがあるのではないでしょうか。

ジェットコースターが急降下する瞬間の身体の臓器がふわっと浮くような感覚、重力に逆らって浮いてはいけないものが浮く感覚。

この感覚がたまらなく大好きな人もいれば、どうしようもなく苦手な人がいます。

浮遊感に弱い人・強い人の特徴

筆者(かすて)がヒアリングした印象ですが、浮遊感に弱い人はスピードや回転するものを得意とし、浮遊感に強い人はスピードや回転するものが苦手な傾向。

例えばジェットコースターなどの絶叫系が苦手な人はコーヒーカップではものすごいスピードで回転させ周囲を圧倒させるのに対し、絶叫系が強い人は回転するものに酔ったり、船酔い・車酔いなどに弱いです。

いざ乗ってみようか‥と並び悩んだ結果、絶叫さえ克服できれば‥と泣く泣くジェットコースターの非常口から出ていく人は、少なくないのではないでしょうか。

かすて
絶叫終わりのコーヒーマシーンだけは、得意げに乗っていたのよね。。

ディズニーランドで浮遊感を感じる乗り物

もう少し具体的に想像してみましょう。テーマパークをディズニーランドに例え、浮遊感を感じる乗り物について、考えてみます。

スプラッシュ・マウンテン 浮遊度★★★★★

ディズニーランド代表格でもあるスプラッシュ・マウンテン。こちらは見るからに落ちて、水しぶきを浴びます。

夏は涼しい・気持ちがいいで大人気な乗り物。かつて筆者(かすて)もクラスメイト全員でディズニーランドに訪れましたが一人だけ頑なにこの乗り物には乗れず楽しそうな様子を眺めていました。。大きく3、4回浮遊感を感じる乗り物です。

スペース・マウンテン 浮遊度★★★

スペース・マウンテンはとにかくスピードが速く、暗い宇宙の中をぐんぐん回る。

ただ前半、中盤、後半で3度若干の浮遊感を感じることがあります。私は暗くて速いのはとても楽しいのですが、気を抜くとやってくる浮遊感にずっと悩まされておりました。

ただ、ご安心ください。今回ご紹介をする浮遊感をなくす方法を実践したところ一度もふわっと感を感じません

ビックサンダー・マウンテン 浮遊度★★

ビックサンダーマウンテンはそこまで浮遊感を感じずに誰もが楽しめるジェットコースター。

ですが、前方車両と後方車両で多少感じ方も変わってきまして、一番後方車両で乗車した際、浮遊感を数回しっかり感じることがあったので、気を抜くとやられます。笑

もし浮遊感がどうしても苦手な方がいれば前方車両をおすすめ。もしくは、この後ご紹介の浮遊感をなくす方法をお試ししてみてください。

ディズニーシーで浮遊感を感じる乗り物

ディズニーランドに続いてお次はディズニーシーで代表的なものをご紹介します。

タワー・オブ・テラー 浮遊度★★★★★

これは浮遊感を楽しんで楽しんで楽しむためのアトラクションですね。ごめんなさい、このアトラクションで浮遊感を感じないのは今回の方法では難しいようです・・・

景色をめいいっぱい楽しむことに専念しましょう。

センター・オブ・ジ・アース 浮遊度★★★★

すごく綺麗な景色〜〜と眺めていたら最後の最後でどかーんと落とされます。

こちらは体感時間10秒ほどの浮遊を味わえるアトラクションです。ただ落ちている時の景色はとっても綺麗。

重力のかかり方や浮遊度合いは群を抜いていきます。ただし落ちるのは一回だけなので、一回覚悟を決めて克服ができれば怖いものなし。

レイジングスピリッツ 浮遊度★★★

一回転するアトラクションとして有名なレイジングスピリッツですが、

しっかり3回落ちどころがあります。

安全レバーも他とは違う作りになっているので、レイジングスピリッツの克服法は別記事でご紹介しております↓↓

関連記事

こんにちは!かすてです。テーマパークにいくと、浮遊感がつらい人にネックなのが「ジェットコースター」ですよね。パレードを見てかわいいアトラクションに乗って…が許されない事態も多々でてきます。今回はそんな浮遊感が苦手な方[…]

レイジングスピリッツ浮遊感を克服する方法
かすて
友人が絶叫系で楽しんでいる中、一人パレードを見にいったりしてたのよね。。

浮遊感を感じやすいNGなこと

NGの画像

いろんな方法で浮遊感克服を試してみまして、もっと浮遊感を感じやすくなった!NGなことをご紹介します。

目をつぶる

よく目をつぶると終わっていた!や、怖くて目を閉じてすごすことがありますよね。

私自身試してみて、浮遊感と、いつどこでどれくらい落ちるかわからない恐怖や、落ちること以外で楽しめる景色などがあるのに恐怖でアトラクションが終わってしまい、何も楽しいことがなかった経験もありますので、あまりよくないです。

また、落ちている瞬間秒数を数え始めたり、目を開けている時より圧倒的に”時間の長さ”を感じます。

落ちる瞬間を待ちかまえる

落ちる瞬間に敏感になりすぎて、落ちる瞬間の場面を待ちかまえすぎること、これは恐怖を増大させて、本当は大したことない浮遊感も大きく感じてしまいがち。景色や疾走感を楽しむことに専念することが大切。

さて、ここからが本題の浮遊感をなくす方法のご紹介となります。。

かすて
自分の想像で恐怖をつくってはダメっ!もったいない!

浮遊感をなくす方法

OKの画像

大変お待たせいたしました、私自身約30年間苦しみ悩み続けていた絶叫の克服の一歩、浮遊感をなくす(感じにくくする)方法についてご紹介いたします。

 

足に力を入れてお尻を浮かせる

浮遊感をなくす(感じにくくする)方法として、足に力をぐっといれて、落ちる瞬間お尻を浮かすこと!

驚かれる方もいると思います、このやり方を紹介すると「もっと怖い・浮遊感を感じるんじゃないの?!」という意見もあるかと思います。

離しすぎは危ないので、少しだけ、安全レバーをしっかり下げて、安全な範囲でお尻をすこし浮かしてみてください。

?!?!いつ落ちたの?!?!?と、気がついたら恐怖の浮遊感スポットをこえております。笑

重力と逆らう動きを自らしているからなのでしょうか。臓器が浮いている感覚、身体がふわっとする感覚が感じられないのです。

もしかするとジェットコースターが少し物足りない、なんて思うかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。私自身、重度の絶叫恐怖症でした。今でも絶叫系と呼ばれるジェットコースターには足をすくみます。

ですが、この必勝法を試してから、少しずつですが乗り物への挑戦欲や楽しさを見出すことができました。

一人でも多く、テーマパークを友達や恋人や家族と最大限に楽しめると良いなと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました(^-^)

 

▼縦型レバーの浮遊感をなくす方法についてはこちらで解説しております▼

関連記事

こんにちは!かすてです。テーマパークにいくと、浮遊感がつらい人にネックなのが「ジェットコースター」ですよね。パレードを見てかわいいアトラクションに乗って…が許されない事態も多々でてきます。今回はそんな浮遊感が苦手な方[…]

レイジングスピリッツ浮遊感を克服する方法
ジェットコースターの浮遊感をなくす方法
最新情報をチェックしよう!